2013年04月30日

その時姉は・・・?

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月30日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:キバタン
  鳥言葉は・・・『苦労性』
・誕生虫:おけら
  虫言葉は・・・『担当者が席を外している』

だそうです。


誕生鳥は、「キバタン」

あの、みそかつで有名な「矢場とん」が姉妹店で、
牛タン屋「木場たん」がオープンしました。

というのは、もちろんウソですが、にわかに信じてしまいそうな
くらいに違和感がないですね。(^_^;)

オーストラリアに生息する、大型のオウムの一種で、
漢字で書くと「黄芭旦」

白い体に、黄色いトサカが特徴です。
人好きな個体が多く、非常に高い知能を持っているため、
ペットとしても人気があるそうなのですが、体長約50cmと大型で
鳴き声もかなり大きいので、飼える方は限られるようですね。(^o^;)

それに、一番の問題点?として、寿命がとても長く、
40~50年、長いものだと70年以上も生き続けるみたいです。
一世代で飼おうと思ったら、飼い主も相当長生きしないと
いけませんね。(^_^;)

「苦労性(小さいことまで気にかけて心配する性質)」の人には
絶対飼えない種類ですね。ププッ (*^m^)o==3


そして、誕生虫は「おけら」

コオロギの仲間で、正式な名前は「ケラ」
「おけら」というのは、いわゆる俗称です。

この「おけら」の名前を聞いて、おそらくほとんどの方が
思い浮かべるであろうフレーズが、「ミミズだって、おけらだって、
アメンボだってぇ~」だと思われます。

そう、童謡「手のひらを太陽に」ですよね。

この「手のひらを太陽に」を作詞したのは、あのアンパンマンの作者
やなせたかしさんだって、知ってました?

それから、一般的に「おけらになる」と言って、一文無しになる事を
表現しますが、この語源は、おけらを前から見た時の姿が
両手を上げて万歳しているように見える事から、お手上げ状態に
見立てたという説が有力となっています。

ま、詳しい事は「担当者が席を外している」ので、
よくわかりませんけどね。(;´▽`A``




って事で今回の更新です。




昨日の記事で、ジョソの寝ぼけ姿を紹介しましたが、
その時の様子を引きの画で見ると・・・




こんな状態。

そう。ベソジョソドンの3にゃんズが仲良く寝ていたんですね。(^O^)




相変わらず仲良しでいいなぁ。と思っていると・・・




なぜか、ゆっくりと転がって回り始めるベソ。




ついには、仰向けに・・・。

後ろのジョソが、ちょっぴり可愛いですね。




結局、最後はこんなホラーチックな状態に・・・。

実の姉妹なのに、寝起きのまったりした時間には
こんなにも差があるのです。

ベソは性格はとってもイイ子なんですけどねェ。

ちょっと見た目で損をしてますよね。




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
posted by 猫男爵 at 00:00| Comment(2) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

寝ぼけ?ジョソ

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月29日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:キジ
  鳥言葉は・・・『出る杭は打たれる』
・誕生魚:タウナギ
  魚言葉は・・・『農薬散布』

だそうです。


誕生鳥は、「キジ」

漢字で書くと「雉」

そう、「記事」や「生地」ではなく、桃太郎に登場する、
あのキジですね。(^O^)

このキジは、日本の国鳥として指定され、以前の1万円札のデザインにも
用いられていました。

また、ことわざや民話にも多く登場し、日本人に馴染み深い鳥の
一つであると言えそうです。(^^)

ただ、そんなに馴染み深い鳥でありながら、狩猟することが許され、
食用としても活用されています。(-_-;)

国の象徴が食べられているというのはどうなんでしょうね?
ま、食文化に対しても広く貢献しているといえば、
それまでなんですけど・・・。( ̄~ ̄;)

鳥言葉は「出る杭は打たれる」

やはり、これは「キジも鳴かずば、うたれまい」に掛けてるんでしょうかね。
「鳴くからうたれる」みたいに・・・。

でも、この場合の「うたれる」は、正確には「撃たれる」なんですけどね。(Θ_Θ;)


そして、誕生魚は「タウナギ」

漢字で書くと「田鰻」

その名の通り、水田や沼などに生息するウナギの一種です。
日本では、あまり食用にはされていませんが、中国や台湾などでは
一般的な食材として広く活用されています。

ただ、このタウナギですが、なぜか時折ニュースのネタとして
世間を騒がすことがあります。

それは、「体の中に、このタウナギが侵入した」というもの。

なぜか中国では、定期的にこのような
このタウナギを体に挿入してしまい、手術をしなければいけなくなる人」が
出てくるみたいです。

ものすごく痛々しいニュース。
そんな目はなかなか会いたくないですねぇ。(-_-;)

さすがは、広い中国。いろんな方がいらっしゃいますね。




って事で今回の更新です。




先週、ウトロくんの寝ぼけ顔に引き続いて、ベソの寝ぼけ姿を
ご紹介させていただきましたが、では妹のジョソの場合は
どうなんでしょう?って事で、今日の記事はジョソの寝起きを
お送りしてみましょう。




布団の隅っこで、ちんまりと寝るジョソ。
朝の寝起きはこんな感じです。(*^^*)




ベソのような寝ぼけ状態になることもなく、まったりとした
寝起きです。




特に、豪快な寝ぼけ状態になることはないのですが、
目ヤニを付けていることが多いのが特徴です。

人見知りのジョソは、目ヤニを取ろうとすると、さらに引きこもりに
なるので、あんまり無理に取ることが出来ないのです。(/_;)

これがなければ、美にゃんで通せるのにねぇ・・・。
┐( -"-)┌ヤレヤレ...




コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
posted by 猫男爵 at 00:00| Comment(2) | ベソ・ジョソ姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

ウトロくんの寝ぼけ顔 その3

こんばんわ 猫男爵 です。 ||(*´∀`*)ノ

本日4月28日の「誕生○○」は・・・
・誕生鳥:ナキハクチョウ
  鳥言葉は・・・『癒しの歌声』
・誕生魚:クロコバン
  魚言葉は・・・『繰り返し』

だそうです。


誕生鳥は、「ナキハクチョウ」

全長150~180cm、翼を広げた状態では200cmを超えるサイズにもなる
白鳥で、世界最大の白鳥と言われています。

漢字で書くと「鳴白鳥」
英名では「トランペッタースワン」

鳴き声がトランペットの音に似ている事から、このように
名付けられたそうです。

主に、北米に生息する種類で、20世紀初頭には狩猟などにより、
その数を100羽以下にまで減らし、絶滅の危機に貧していたそうです。

それが、その後の保護活動により、現在は23,000羽以上にまで回復。
絶滅の危機からは脱しているようです。(´▽`)

今では、日本にも多くの個体が、やって来るみたいです。

ここで紹介するものには絶滅の危機にあるものも多いのですが、
中には、こういった種類もあるみたいです。

もっと、こういった話が聞けるようになるといいですね。(^o^)

鳥言葉は「癒しの歌声」

トランペットの音は、正直「癒し」には程遠いですが、
この話と合わさると、癒しになりますよね。(^O^)


そして、誕生魚は「クロコバン」

漢字で書くと「黒小判」

漢字で見ると何となく意味が分かりますよね。
そう、黒いコバンザメです。

最初、名前の文字だけを見ると、黒子が爆発して「黒子バーン」かと
思っちゃいました。
・・・ってさすがにそれはないでしょうが・・・。(^_^;)

このクロコバンに代表されるコバンザメは、日本だと権力のあるものに
乗っかる太鼓持ち的なポジションの人を指すように、あまりいい意味では
使われませんが、意外とコバンザメの世界も大変な様子。

というのも、自分より大きな種類に張り付いて、おこぼれをもらって
いるわけですが、意外とその寄生してる相手に食べられてしまう事も
あるのだとか・・・。(;゚д゚)

ま、張り付いてても、気にしないような種類だから、食べてしまっても気にしないって事ですね。(^o^;)

結構、人間社会のコバンザメでも、同じような事もあるのかも
しれませんけどね。

人間の世界でも、そんな事の「繰り返し」なのかも知れません。



って事で今回の更新です。



今日の記事は「ウトロくんの寝ぼけ顔」シリーズです。




先日のオレンジケーキならぬオレンジベッドで眠るウトロくん。




アップに寄るとこんな感じ。

相変わらず顔がデカいですね。(-_-;)




悪口が聞こえたんでしょうか?

薄目を開けて「聞こえてるよ」とでも言いたげな表情を
されてしまいました。(;´▽`A``





コメントのお返事できなくてすいません。<(_ _)>
いつも楽しく読ませていただいてます。(*^o^*)

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
またのお越しをお待ちしてます。ヾ(^_^)
posted by 猫男爵 at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする